レディー

話題沸騰している人気のオールインワンジェル|コレで完璧です

ニキビの後のトラブルケア

頬を触る女性

自宅でできるケア方法

ニキビ跡の赤みを治す方法として、皮膚科でケミカルピーリングや光治療などを受ける選択肢もありますが、重症化する前の早い段階で対策に取り組めば自宅で治す事が可能な症状です。ニキビ跡の赤みを改善するケア方法は肌のターンオーバーを促す事と炎症を抑える事がポイントとなりますが、そこで効果的なのが導入型化粧水を使ったスキンケアです。導入型化粧水には化粧品の有用・有効成分の浸透を阻害する古い角質を取り除く作用などがあるため、肌に化粧品の有用・有効成分の浸透力を高める事ができます。ただ、導入型化粧水を使ったスキンケアは即効性は期待できない部分があります。肌は約28日周期で生まれ変わると言われていますから、最低でも1か月以上は導入型化粧水を使ったスキンケアに取り組む必要があります。人気の高い導入型化粧水には返金保証がついていて安心して試す事ができるので、ニキビ跡の赤みに悩んでいる人であれば導入型化粧水を使ったスキンケアは試してみる価値があるでしょう。

原因や改善方法

ニキビがやっと治ったと思っていても、ニキビ跡の赤みが残ってしまうという事もあるかもしれません。ニキビ跡の赤みはニキビと変わらぬほど印象的で目立ってしまうところもあるので、かなり厄介な存在だと言えるでしょう。ニキビ跡の赤みはニキビで炎症を起こした肌を修復するために、その部分に毛細血管を拡張したり増やしたりするのですが、この働きにより肌が赤みがかって見えてしまうのです。また、炎症が肌の深部まで到達した場合、血液が周りの組織に流れ出してしまうため、赤黒いニキビ跡になってしまいます。ニキビ跡の赤みはこういった原因によって生じますが、赤みがなかなか消えないのはターンオーバーが正常に行われていない事が影響しているので、肌のターンオーバーを正常化させる事が適切な改善方法と言えます。ですから、肌のターンオーバーを乱す睡眠不足や食生活の乱れをただし、代謝を向上させる適度な運動を行うのが効果的ですし、導入型化粧水を使ったスキンケアも肌のターンオーバーを促すには効果的です。